「平和統一祈願!全国自転車縦走企画2013」に参加

文鮮明師の聖和(逝去)1周年を追慕し、韓半島の平和統一を祈願する企画として、「平和統一祈願!全国自転車縦走企画2013」(主催:平和統一聯合、後援:南北統一局)が8月3日からスタート。北海道の宗谷岬から山口県の下関港までの全長約2700kmを8月3日から20日までに走破するコースと、鹿児島県の佐多岬から下関港までの全長約440kmを8月16日から20日までに走破するコースを、1日1区画(計23区画)、それぞれ3~6人の走者のリレー形式で日本列島を縦断します。

8月21日からは、韓国の南北統一運動国民連合がバトンを引き継ぎ、釜山国連軍参戦墓地での記念式典を皮切りに、22日は大田国立顕忠院、24日にはソウル国立墓地、臨津閣で平和統一祈願祭が開催される予定です。

今日(12日)は、宋龍天総会長、徳野英治会長、金滿辰・第5地区地区長、金成南・西北東京教区教区長が代々木聖地から松濤本部まで記念走行を行った後、新宿教会青年部のY・Mさんと北東京教区の青年が神奈川県川崎市の宮崎台研修所まで、約20kmの区間を走行しました。(写真は松濤本部前を出発する2人の走者)

関連記事

コメントは利用できません。