青年部が地元の夏祭りで活躍

地域貢献の一環として、新宿教会青年部のメンバーが8月25日と9月8日に地元の夏祭りに参加、おみこしを担ぎました。

近年、東京都心では少子高齢化が進み、祭りでおみこしを担ぐ若者が足りず、おみこしを神社や詰所に飾ってあるだけになっていることも少なくありません。

今回、地元の夏祭りの役員から要請があり、8月は教会のすぐ近くの町内で、9月は徒歩20分ほど離れた地区でおみこしを担ぎ、それぞれの町内を練り歩きました。

地域の方々からは感謝され、よき交流の機会となりました。

関連記事

コメントは利用できません。