自然は第一の神様 狭山公園野外礼拝

新宿教会は10月30日埼玉県狭山公園の太陽広場にて、金紋奭教区長が就任してから初めての野外礼拝を捧げ、昼食をはさんで、ゲームを楽しんだ。


<1972年 狭山公園で語られる文鮮明先生>

70年代に文先生がみ言を語ってくださった狭山公園広場。食口たちは文先生を偲びながら集まった。金教区長が「今日は、自然を通して神様の愛を感じますね。毎月、野外礼拝をしないといけないですね」と語られると、食口からは拍手が起こり、皆喜んでいる様子。また、当時の集会に参加した婦人の証の時間があり皆、耳を済ませ、聞き入った。

昼食をはさんだ後は、信徒たちを4つのグループに分け、大人から子供まで参加者全員でゲーム大会を行い、楽しい時間を過ごした。

参加者からは、「都心から離れ、自然の中で神様の愛に、満たされた」「普段は、中高生だけの礼拝だが、今日は子供からお年寄りまでの合同礼拝なので家族的な雰囲気が良かった」「家族で作戦を立てて望んだゲームが楽しかった」「文先生がここで語られた当時の証が聞けてよかった」などの声が寄せられた。

関連記事

コメントは利用できません。