天地人真の父母聖誕100周年および天宙聖婚60周年記念祝賀会

新宿家庭教会では、2月9日、天地人真の父母聖誕100周年および天宙聖婚60周年記念祝賀会を開催しました。記念礼拝とエンターテインメントを含んだ食事会、ユンノリ大会、じゃんけん大会の4部構成で、真の父母様への感謝と心情文化世界実現のため、1日を楽しく過ごしました。

記念礼拝では、聖歌隊が聖歌24番「主は来たる」と、「主よ感謝します」を賛美し、参加者の心を癒やしました。また、HJグローバルニュースを通じて、この間の行事の内容を把握しました。

そして、これまで真の父母様に出会った証が代表2名によりなされ、説教を住本修伝道部長が『真のお母様のみ言』と題して語りました。住本部長は、2007年に渡米した時のエピソードを紹介。文鮮明総裁がアメリカの大学生から「あなたは本当にメシヤですか?」と聞かれた事に対して、文総裁が「もし、本当にメシヤだったら、あなたは命がけでついて来るか?」と逆に質問したエピソードや、文総裁が懐かしい歌を歌い踊る映像なども紹介しました。

 食事会は壮年部長の挨拶と乾杯で幕を開け、キーマカレーや唐揚げ、デザートを楽しみました。ユンノリ大会は4つの地域と青年たちの5つのグループに分かれて競い合い、巨大ユンノリを4人ずつで投げながら、床に貼り付けたユンノリの板のマーク(○、◎)を人間コマが、すごろくのように移動します。ユンノリのルールで、同じコマに止まったら前に居たコマはスタートに戻るため、1から5マス目は、何度も弾き飛ばされる激戦が繰り広げられ、結果的には新宿地域が優勝をおさめました。

関連記事

コメントは利用できません。