壮年と青年が出会う!

壮年青年交流会

天基3年4月13日(陽暦2012年6月2日)壮年部が「壮年と青年の交流会」を行い、30人が参加した。壮年青年がそれぞれが新しく出会い、共通の夢に向って進んでいく良き兄弟姉妹(親子)関係を結んでいく出発点になることを願い、企画されたものだ。

会はまず、壮年部の活動報告があり、壮年、青年混合の5班に分かれ、お弁当を囲みながら自己紹介、交流した。住本青年部長の挨拶、甲斐野壮年部長のメッセージを聞いた。最後、壮年、青年で班ごとにシェアリングし、各班代表者から、報告し、閉会していった。

甲斐野壮年部長からは、「ビジョンの共有 天一国主人を目指して」のテーマでメッセージがあった。VIP(V:ビクトリー、勝つ I:イルミネーション、輝く P:ピース、幸福を実現、その専門性の分野の中でNO.1になり、主人になる!)ビジョン、情熱を失うと希望を失う。ビジョンを持ち、教会を復興させて いきましょう。過去の分析は、今の自分が変わる為の努力する為のものにしていきましょう。現実を分析し、未来につなげていきましょう。梶栗会長の「強いオヤジ、やさしいオヤジになれ」のごとく、「自分が責任者」という主人意識を持ち、主張すべきことは、主張し、絶対主体である神様の前に、絶対対象となり、強い主人になって行きましょう。

参加者からは、「今まで、交流しなかた青年との出会いで、これからの教会発展に希望を感じた」「壮年の知り合いができ、教会に来るのが楽しくなった」との、感想が寄せられた。

関連記事

コメントは利用できません。