基元節1周年を前に祝賀礼拝

全景_2336web基元節1周年を目前にした天一国2年1月10日(陽暦2月9日)、前日に記録的な大雪が降り積もり、白く聖別された環境の中、新宿教会で「基元節祝賀 特別礼拝」を捧げました。この日は、雪の影響で交通機関に支障が出たものの、通常に迫る200人近い食口が集まりました。

青年と壮年のバンドによるオープニング演奏の後、第1部の礼拝では、最初に、2013年の新宿教会の活動を映像で振り返りました。続いて、2013年度に地域交流と伝道の分野で貢献した2人の食口が証しをし、その後、2人を含めて様々な分野で教会に貢献した14人の食口が表彰を受けました。

抽選会_2372webフィナーレ_2386web礼拝の説教は、矢野教区長が「『祝福の恵み』を社会に還元しよう」と題して話しました。文化共産主義によって家庭の価値観が破壊された現代社会においては、利己的個人主義に基づく無神論的人生観・世界観が広がっています。これに対し、私たちは利他的家庭主義に基づく有神論的人生観・世界観を広めていかなければなりません。すなわち、明確な神観に基づいた「真の家庭主義」が必要なのです。

第2部のエンターテイメントでは、婦人聖歌隊がコーラスを披露。その後、抽選会を行い、豪華賞品がプレゼントされました。フィナーレでは、参加者全員が立ち上がって、「勝利の日まで」を歌いました。

関連記事

コメントは利用できません。