ファミリー礼拝を開催

天一国元年天暦7月5日(陽暦8月11日)、新宿教会ファミリー礼拝が開催され、子供から大人までの全年代の信徒と、親族や知人・友人など新しいゲストを加えた約250人が集いました。

第1部の礼拝では、矢野治佳教区長が「家庭は愛の学校」と題して、家庭生活の重要性を訴える、非常にわかりやすい説教をしました。参加者の多くは、真のご父母様の教えの素晴らしさを実感するとともに、自らの家族に対する接し方を反省させられる部分もありました。

第2部のエンターテイメントでは、年代ごとに歌やダンスのパフォーマンスを披露し、会場は大いに盛り上がりました。また、最後に抽選会が行われ、数多くの豪華賞品がプレゼントされました。

今回のファミリー礼拝は、新宿教会では近年、初めての試みでしたが、今後も月1回程度は開催していきたいと考えています。

関連記事

コメントは利用できません。