三宅伸枝さんから短歌二首

春雷(しゅんらい)の 轟き渡る 馬場駅前
アボジよ君も この音聞きしか

茜さす 紫の女性(ひと) 真の母
天宙の母 私の母よ
※「茜さす」=紫にかかる枕詞

関連記事

コメントは利用できません。