春の風吹く3月18日成和子女部卒業式

愛天愛国愛人をテーマに教育する成和子女部は今回卒業生10名を送り出す卒業式を行った。スタッフや保護者の愛に見守られ、新中学生になるに相応しい凛々しい顔立ちで望んだ。

式典の中で、野村成和部長は「激動の時代を超え神様、真の父母様を見つめて頑張ってください。そして、大きな夢を持ってください」と激励のメッセージを語られた。教会学校運営に携わったスタッフたちからそれぞれ祝辞が述べれらた後、在校生代表2名が感謝の言葉とこれからの決意を述べ、在校生たちで作った小冊子の記念品を贈呈した。続いて卒業生代表による答辞があり感謝の言葉と中高生部への入学の決意を語った。

 

成和子女部卒業式

その後、一般礼拝の会場に移動し、金ムンソク東東京教区長より卒業証書が授与され礼拝に参加していた一般参加者からも大きな拍手を頂いた。

式典会場に戻り、雰囲気が変わって野村成和子女部長による歌のプレゼントがあり、続いて保護者による歌のプレゼントがあった。最後に全体で合唱コンクールで歌った「信じるとき」を讃美して全体が一つとなり、感動のうちに幕を閉じた。

関連記事

コメントは利用できません。