「ファミリー書写礼拝」に300名が集う

全景_7629web天一国3年天歴9月13日(陽暦2015年10月25日)、新宿家庭教会に浅川勇男先生をお迎えして「ファミリー書写礼拝」を開催。子供たちからお年寄りまで含めた新宿家庭教会の信徒たちのほか、新しいゲストや近隣教会の信徒たちも加えた約300名が参加しました。

オープニングのアトラクションに続いて川島隆則教会長が挨拶した後、浅川先生が登壇。今月の書写のみ言である「平和な家庭は天国の基礎、家庭の原動力は愛」をテーマに説教をしました。その中で浅川先生は、真の愛の特色について、①先に与える、②与えたことを忘れる、③与えて頭を下げる(詫びる)の3つのポイントに整理。また、自叙伝書写は単なる書写ではなく、文鮮明先生の「真の愛の記録」である自叙伝のみ言を書写することで自分の魂に刻み込み、悟りに向かうのをサポートしてくれるのだと説明しました。

説教の後はエンタテイメントと抽選会を行い、フィナーレでは、文鮮明先生が生前に愛した日本の歌「赤とんぼ」を参加者全員で歌って、感動のうちに幕を閉じました。

カテゴリー: 教会イベント パーマリンク