400名ファミリー書写礼拝を開催

全景_2921web天一国4年天暦2月12日(陽暦2016年3月20日)、「文鮮明先生自叙伝心の書写・400名ファミリー書写礼拝」が新宿家庭教会で開催されました。講師に浅川勇男先生を迎え、午前の部は大人と小学生以下の子供、午後の部は青年・中高生を主な対象とし、新宿家庭教会と近隣教会の信徒をはじめ、親族や知人・友人を含む新しいゲストを合わせた約400名が参加しました。

合唱_3040web抽選会_3003web「春分の日」でもあるこの日、教会横の神田川沿いの桜並木では、わずかに桜が開き始めていました。午前の説教の冒頭で浅川先生は、「神様から見れば人間一人ひとりが桜の花。神田川の桜はまだ花見には届きませんが、ここに集った皆さんを拝見して、今日は良い花見ができました」と挨拶しました。
また、私たちは不幸の原因を夫や妻、あるいは嫁や姑など身近な人のせいにしがちですが、同じ出来事をどうとらえ、どのような言動をするかによって結果が180度違ってくることを紹介しながら、私たちの心の持ち方の重要性を訴えました。

説教に続き、書写の奉納・伝授と書写実践を行った後、第2部に移り、小学生や青年による合唱のエンタテイメントと、豪華景品が当たる抽選会が行われました。

午後の部では、浅川先生は「誇れる自分になろう」と題して若者向けに語り、書写を通して成績が向上したり夢が実現した証を交えながら、参加者たちを激励しました。

カテゴリー: 教会イベント | コメントする

文鮮明師生涯業績展示会を開催

閲覧_0822web「誰よりも日本を愛した人」をテーマにした「文鮮明師生涯業績展示会」が1月22日から24日まで、新宿家庭教会で開催されました。この催しは、昨年8月の真のお父様聖和3周年行事の際に韓国・清心平和ワールドセンターで行われた展示会と同じパネルを礼拝堂に展示。新宿家庭教会や周辺教会の信徒のほか、地元新宿区の区議会議員2名と地域住民の方々を含むゲスト100名を合わせた約300名が来場しました。

全景_0864web映像視聴_0837web小パネラー_0772web小1階玄関にはビデオブースが設けられ、来場者は統一運動を紹介する映像を視聴。ゲストには担当のパネラーが付き、真の父母様の膨大な業績の中から、要所、要所について説明しました。ゲストの方々は、世界平和実現のために貢献してこられた真の父母様の功績を知って感銘を受け、これまで統一運動に対して抱いていた誤解もとけました。同時に、説明を担当したパネラー自体が、真の父母様の偉大さと、日本に対して投入してくださった真の愛を改めて再発見し、大いに復興していました。

新宿家庭教会は、真のお父様が青年期を過ごされた早稲田・高田馬場の地域に位置しており、若き日のお父様のご様子を紹介するパネルは、特に人気を集めました。また、「真の父母様との思い出の写真と証」のパネルには新宿家庭教会の関係者が3名含まれていて、真の父母様との直接的な出会いを懐かしんでいました。

カテゴリー: 教会イベント | コメントする

「ファミリー書写礼拝」に300名が集う

全景_7629web天一国3年天歴9月13日(陽暦2015年10月25日)、新宿家庭教会に浅川勇男先生をお迎えして「ファミリー書写礼拝」を開催。子供たちからお年寄りまで含めた新宿家庭教会の信徒たちのほか、新しいゲストや近隣教会の信徒たちも加えた約300名が参加しました。

オープニングのアトラクションに続いて川島隆則教会長が挨拶した後、浅川先生が登壇。今月の書写のみ言である「平和な家庭は天国の基礎、家庭の原動力は愛」をテーマに説教をしました。その中で浅川先生は、真の愛の特色について、①先に与える、②与えたことを忘れる、③与えて頭を下げる(詫びる)の3つのポイントに整理。また、自叙伝書写は単なる書写ではなく、文鮮明先生の「真の愛の記録」である自叙伝のみ言を書写することで自分の魂に刻み込み、悟りに向かうのをサポートしてくれるのだと説明しました。

説教の後はエンタテイメントと抽選会を行い、フィナーレでは、文鮮明先生が生前に愛した日本の歌「赤とんぼ」を参加者全員で歌って、感動のうちに幕を閉じました。

カテゴリー: 教会イベント | コメントする